歌手や役者・アナウンサー・声優など声を使ったお仕事をしようと思う方はもちろん、声の小ささや歌の下手さをコンプレックスに思っている方はボイトレ教室がおすすめです。自分で自己流でもできますし、その方がトレーニングのための費用はかかりません。教則本やインターネットでの指導プログラムもあります。ただ客観的に自分の声を聞くことはできない以上、ある程度までで技術力が頭打ちになってしまう可能性があります。その点、プロの講師が指導してくれるので効率よくレベルアップでき、発音や発生能力が格段にアップします。ただ、そのためには良いボイトレ教室選びが必要です。長年の間についてしまったクセはすぐには直りません。長く練習を続けられるような良いところを選び出しましょう。

自身の目指す目標を明確にしよう

ボイトレ教室というと発声・発音を訓練するものですが、ボイトレの看板を掲げていながら実際にはボーカルトレーニング、つまり歌のレッスンを行なうところが多いです。セミナーや会議で上手に話したいという方もいれば、ミュージカルやオペラなど歌詞を正確に伝えられる歌い方をしたい。カラオケで高得点を取りたいなど目指す目標は人それぞれです。インターネットで調べたり直接電話などで問い合わせてみればどういった内容かはある程度分かります。講師の経歴なども参考になるでしょう。同じように「声」に関する教室でも目標によって指導の仕方は違ってきます。自分がどうなりたいのか目指す目標を明確にして、それに合わせた指導を行なってくれる教室選びをするようにしましょう。そうでないとかなりの遠回りになってしまいます。

実際に体験してみるのがおすすめです

発生などは一度で矯正できるわけではないためボイトレ教室にはある程度の期間通い続けなければなりません。講師との相性の良さというのも重要な要素です。できれば楽しく通えるようなところがいいでしょう。特に一対一のレッスンの場合は意見が衝突してばかりでは得るものもなく終わってしまいます。教室の雰囲気は口コミなどである程度分かるものの、相性についてはインターネットでいくら調べても分からないでしょう。そんなときには、とりあえず行ってみるのが一番です。体験レッスンができると書かれていないところでも、お願いしたら見学程度はさせてもらえるかもしれません。これから何度も通って教わる相手ですから、慎重に選ぶようにしましょう。楽しくレッスンを続けられれば上達も早いでしょう。